語学の学校に通うメリット・デメリット。そのような教室に通っても喋れるというわけではないいうこと。

子供が通う語学教室の上手な選び方

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

語学の教室に通うということ。

子供が通う語学教室の上手な選び方
私は小学生のころから英語が大好きで、高校を卒業後語学の専門学校に行きました。
そこで必須の英語とスペイン語を習いました。
その学校は日本人の先生と外国の先生が半々でした。
もともとこの学校に勤めるために国から来てる人や、前はいわゆる語学学校で働いていたという先生でした。
その先生の話を聞いていると例えば日本でよくある英会話教室などに通っても話せるようになるのは大変難しいことだということです。
なぜなら、日本人は海外に比べて英語を使う機会が圧倒的に少ないので大人になってから教室に通ってもなかなか身に付かないんだそうです。
私はそのとき、やはり多少喋れなくても現地に行って毎日その言語を聞く方が上達するんだなと思いました。

英会話などを習おうと考えている人は、教室に通えば現地のネイティブの先生が教えてくれるので上手くなると思いがちですがそこにいる間だけ学んでも抜けていってしまうということを知る必要があると思います。
ただ、私はそういう学校のことを前面から否定は出来ません。なぜなら喋れるまではいかなくても日本で持っていたら有利とされている英語の資格やスコアが伸びると思うからです。
いわゆるペラペラにならなくても、ある程度会話の内容が分かったりするようにはなります。
それで十分という人ならば是非、教室に通って自分のスキルを高めてほしいと思います。
私も、喋れるというほどではありませんが学校に通って良かったと思います。

注目情報